平塚裕章税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

近畿税理士会所属

お気軽にお問合せください。
平塚裕章税理士事務所
TEL:072-988-1401 【フリーダイヤル】0120-643-210
h-hiratsuka@tkcnf.or.jp

最新の事務所通信・ダイジェスト便

平成29年10月号の事務所通信は9月1日に発送します。
ご希望の方は事務所まで電話・FAX・メールでご連絡ください。
無料で発送いたします(9/25日まで)

①事務所通信

●税務・・増える「ふるさと納税」

●経営・・クレジットカード加盟店に安全対策を求める改正割賦販売法
●経営・・早期経営改善計画とは
●コラム・・新元号はどうなる?改元が与える影響



②ビジネスワンポイントNEWS

◆小さなヒヤリハッとを見逃すな!~職場での「まさか!」の芽を摘み取ろう!

 ①重大なミス・・・氷山(重大なミス)は海面下に大きな氷(たくさんの小さなミス)が隠れています。

 ②軽微なミス・・・軽微なミスを全力で防いでいれば、重大なミスは発生しません。

 ③ヒヤリとしたりハッとした経験・・・ヒヤリ、ハッとした経験を生かせば、軽微なミスは発生しません。

◆ヒヤリ、ハッと!の例

 ①見積書の金額の桁を間違ったまま送るところだった!

 ②大事な電話を危うくし忘れるところだった!

 ③メールのアドレスを間違えて送信するところだった!

 ④クレームが入ったけど、すぐに引き下がってくれた! 

④知って得する借地借家の法律知識17題(A3判)

1.借地とは土地を借りることか
2.公正証書が不可欠な借地契約は何か
3.口約束ではだめな借地契約と借家契約
4.借地をしたら本当にもどらないのか
5.建物の滅失と朽廃の違い
6.増改築の承諾料
7.名義書換料
8.合意解約の方法
9.定期借地権の賃料改定の方法
10.借家とはいえない賃貸借契約
11.競売で借家人はどうなるか
12.更新料の支払いは消費者契約法に違反するか
13.保証金の敷引方式よりも敷金・礼金で
14.原状回復義務と修繕義務
15.自力救済の禁止
16.定期借家の中途解約
17.立退き料の相場

ダイジェスト便

平成26年

平成25年

平成24年

平成23年

平成22年

ご希望の方は、お問合わせコーナーからメールでお申し込み下さい。

平塚裕章税理士事務所,東大阪市,お気軽にお問合せ下さい